ロゴ

[6-7日目] 7日間のまちづくり丁稚奉公の旅。充実の締めくくり!

丁稚奉公・締めくくりの旅

こんにちは、インターンの用名です!
 
さて、六日目と七日目は、何と言いますか、丁稚奉公番外編といった感じでしたので、2日間まとめて書こうと思います。
 
まず六日目ですが、一日中高橋さんに、九州のいろいろなところに連れていってもらいました。
佐世保を出発し、いざ、無計画の旅へ。まずネットでいろいろ調べていると、鍋が滝という滝が、あの水で有名な日田市からさらに1時間程の場所にあるということで、高橋さんの運転で連れて行って頂きました。お茶のCMで使われたことがあるそうで。滝の裏側に行けるという不思議な滝でした。
 

 
さらに、今度は黒川温泉へ。2人で露天風呂に入ります。
さらにさらに、阿蘇山へ!きれいな景色に感動しました。火口付近の迫力はなかなかすごかったです。・・・段々小学生の夏の日記じみてきました。
 

 
そう、でもここからが重要。AIAのインターンの募集要項に、インターンの特典として、全国のまちづくりのキーマンに会えるという項目があります。( AIAのインターンの募集要項 )
そのまちづくりのキーマンに会ってきました。熊本城東マネジメントの代表取締役社長、南さんです。
 
南さん、歴史についてものすごく詳しい!7日目に行われる「馬追祭り」の歴史に関して、いろいろと教えて頂きました( 藤崎八旛宮秋季例大祭 )。そこで、次の日は馬追祭りに行くことに決まりました。さらに、木下さんが南酒店で丁稚奉公をしていた時のことなど、いろいろとお話しさせて頂きましたてすごく楽しかったです。なんと南さん、ラジオ番組に出演されているそうで。さすがに話が上手でした。
 
その後です。高橋さんの商社時代の同僚である、熊本県議会議員の方と共に飲みました。もう、ホントに丁稚奉公の旅に来て良かったなと思うくらい、お二人にはいろいろと教えて頂きました。自分の将来を考える上で、ヒントを頂いたと思っております。ここでは、詳しいことは書きませんが!
・・・こんな感じで、なかなか学生では会えないような方に会えるのも、インターンをする魅力なのかなと。自分の将来を考える上で、いろいろな選択肢が増えていくのではないかと思ったりします。インターンをしようか迷っている方は、ぜひAIAでインターンに挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
そして、締めに熊本ラーメン。腹が爆発しそうでしたが、おいしかったので完食でした。
そんなこんなで、就寝。
 
続いて、7日目。早朝5:30に起床し、馬追祭り。
6時前に神社に行き、南さんを探すも、あまりにも人が多かったので見つけることができず。その後、1時間程、祭りを見た後に再び宿舎に戻り、睡眠。
 
その後、再び会場に戻り20:00くらいまで、ずっと馬追祭りを見学していました。すごい!迫力に圧倒されました。でも、あの祭りは参加した方が楽しいのかな。参加している方々がすごく楽しそうだったのが印象的でした。
 

 
それから、長崎まで帰るのに3時間近く、途中渋滞にもつかまりながら、やっと長崎に帰りました。そして、最後の長崎の夜。28年間も続いているという大人なバーに行き、用名、ビールをこぼしてしまうという事件を発生させながらも、楽しく飲むことができました。
 
この一週間、高橋さんにいろいろなところに連れていってもらい、まちの現状を体験できたこと、初めて営業回りに参加できたこと、他、夜のまちに繰り出したこと(笑)などなど、ホントにホントに濃い時間を送ることができました。
 
高橋さんには、感謝しすぎて、もう何といったらいいか分からないくらいお世話になりました。感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。
 
以上で、「丁稚奉公の旅に用名が行く in 長崎」のリアルタイムレポートを終わります。後日、機会があればこぼれ話等も書ければいいなと思っています。
まちづくりを志す方!ぜひ、丁稚奉公の旅に出てみて下さい。実際にまちに行くことで、自分なりに感じることがたくさんあります。机上の上では見えてこないものを感じることができます。
 
また、今日、地域活性化を勉強されている学生の方はたくさんいるかと思います。
勉強した後には、1週間程度でも実地に出ることで、ほんの小さなものですが「実績」を作れるのではないかと思います。知識に加え「実績」まで作って、言葉に説得力を持たせてみましょう。ぜひ、チャレンジしてみて下さい!!
 

迫力満点!

みんな合わせて読んでいます
go_to_top