ロゴ

[1日目] 丁稚奉公のはじまり。インターン用名、長崎に参上。

まちづくりやる人は、タフな人が多い?!

みなさん、こんにちは!AIAでインターンをしています、明治大学2年の用名(ようめい)と申します。

 
今回、AIAインターンのプログラムとして、AIAのアライアンス先である長崎サービスアンドディベロップメンツ(NSD)に“丁稚奉公”に来ております。この1週間、代表取締役の高橋さんはじめ、NSDのメンバーにビシバシしごかれる所存です・・・。具体的には、まちづくり会社とはどういったものなのか実際に生で感じ取ること、机上では知ることのできないまちの実態を五感をフルに使って感じ取ること、他とにかく吸収できるものは何でも吸収して、将来の自分の糧にして帰りたいと思っています。

 
さて、昨日長崎に来たのですが、長崎に来るのは小学校の修学旅行以来ということで、街中を走るチンチン電車だったり、坂の多い街並みとかは、何だか懐かしいな~という感じがします。
まちを見てまず率直に、3か月前にある地域に旅行に行った際に見た商店街と比べると、相当賑わっているなと感じました。
しかし、あの人数でもピーク時の1/3なのだそう。だから、一見すると栄えているように見えても、実際の所は、長崎市も縮小が始まっているということ。でも、そういった事実を知らないとなぜまちづくりをする必要があるのかがイマイチ分からなかったり、危機感を感じにくいのかもしれないですね。だから、まちの現状を大まかでも“数字”で具体的に知っておくことは、まちづくりをする上で大事なんでしょう。

 
昨日は業務が終わった後に長崎新地中華街の有名なお店に連れて行ってもらい、中華料理を堪能しました。いや、うまい、ホントに。
そして、そこから3軒はしご。高橋さんの体力すさまじかった・・・。木下さん、AIA理事の綱島さんを始め、まちづくりやる人ってタフな人が多いなぁと感じます。途中屋台にも入ったのですが、それが本当に楽しかった。高橋さんの先輩が飲んでいらっしゃったので、それを見つけた高橋さんも吸い込まれるように屋台へ。そこから、偶然そこで飲んでいた見知らぬおじさんも交えて飲みまして、まぁおじさんたちにかわいがって頂きました。(笑)
 

 
あっ昨日の中華街でのことですが、NSDメンバーと店で食事をして、店を出るというときに、高橋さんが店主?に、何やらお話をされていました。NSDの槌谷さん曰く、いきなりアポをとるよりも、こうして食事をした後とかに、ちょくちょく声をかけることで、何かプロジェクトを仕掛けるときに、信頼してもらいやすいんだよ、と教えて頂きました。「まちづくり」って、本当に地道に信頼を築きあげていくことが大切なんだな、と高橋さんのそうした姿勢を見ながら感じた初日の用名でした。

では、また、随時インターンブログを更新していきます!
 

みんな合わせて読んでいます
go_to_top