ロゴ

まちの再生に活かせる、企業再生のプロが書いたビジネス小説

内容紹介

企業再生のプロである、三枝氏が数々の経験をもとにして書いたビジネス小説。いかにして駄目になった企業が再生していくための道を歩んでいくのか、企業再生人の苦労、社内にいる光る人材、それまでのやり方を大きく変える方法や限られた時間でのその実行といったあたりは、衰退する都市の再生においても非常に重要な示唆に富んでいる。まちを一つの会社と見立てて考えた際に、この企業再生ストーリーは新たな方法を見つける大きな助けとなるだろう。
企業再生系小説は、特に海外の企業を対象にした邦訳や、もしくはあくまでビジネスを取り扱った小説家が書くものが多い中、実地で企業再生を行なってきた三枝氏。さらに自らミスミという企業を率いて企業経営を自ら行い、さらに一橋大学でも教鞭をとる同氏の実体験に基づいた内容は、まちづくり会社の経営者、タウンマネジャーは必読の書であると思う。自分の周りにいる人物を整理し、このストーリーの中に位置付けて、どう動くべきかを考えるいい指針となる一冊である。まちづくり会社内での中期計画を立てる際の輪読書などとしても利用できるだろう。

みんな合わせて読んでいます
go_to_top