ロゴ

コミュニティビジネス入門―地域市民の社会的事業

内容紹介

本書は、20世紀の負の遺産を解消し、21世紀にふさわしい持続可能な社会を築いていく基礎となるコミュニティの重要性や地域の持続的な発展を支える新たなビジネスとしての「コミュニティビジネス」を学ぶ教科書として書かれました。
現在、コミュニティビジネスに関する講義は、全国の様々な大学で設けられています。本書では、こうした注目を集めているコミュニティビジネスの基本概念を踏まえ、コミュニティビジネスの魅力や可能性について理解できる入門書となっています。特に、コミュニティビジネスを初めて学ぶ学生や市民の方々にも、コミュニティビジネスの基本的な知識や具体的なビジネスモデルを理解できるよう、多くの事例を盛り込むとともに、各講には、推薦図書や簡単な設問を設けています。巻末には用語集をまとめ、基本的な用語を踏まえながら、コミュニティビジネスの総合的な理解ができるよう配慮しました。
 
また本書は、現在、様々な大学でコミュニティビジネスの講義を受け持っている教員及び実践の場でコミュニティビジネスに携わっている実務者との協働によって生まれた「理論と実践」をつなぐ教科書であり、「コミュニティビジネス」「社会的企業論」「非営利経営論」等の講義で広く使われるための教科書となっています。
コミュニティビジネスという新たな分野が定着してきた今日、基本概念を踏まえつつ、まちづくりや医療福祉、子育て、生協活動やワーカーズコレクティブなど、新たな領域に広がる「コミュニティビジネス」の全体像をつかみながら、その発展性を示す教科書を書き記したいという著者の使命感から生まれたものです。

みんな合わせて読んでいます
go_to_top