ロゴ

なぜ生協は生鮮食品販売で90年代に成長したのか。

生活協同組合による個配事業開発と全国的普及

頁 数 101ページ(A4サイズ)
形 式 ダウンロード商品
発 行 2007年
著 者 木下 斉(AIA代表理事・内閣官房地域活性化伝道師など)

定 価 1,000円

【ご登録の際の注意事項】
  • ご購読には世界最大のオンライン決済サービス「Paypal(ペイパル)」でのご決済となります。Paypal(ペイパル)は190の国、25の通貨、900万店のオンラインショップ、2億以上の人たちのアカウントで利用されているセキュリティの確保された安心できるサービスです。

内容紹介

 
本レポートは、生協による無店舗業態の核心に関する内容である。
 
地域商業などには関係ないように見えるが、90年代において商店街等における生鮮三品(肉屋、八百屋、魚屋)が衰退する中で、生協は見事にそのシェアを拡大した。
その背景には、生鮮食品の市場の問題ではなく、それを届ける、もしくは販売方法の革新がユーザーから求められていた。
さらに商品に対しても安全安心の高まりを背景にして、産直による垂直統合型の製造から販売までを一つの流れにしたことで消費者から受け入れられた背景もあった。
 
一方で、生協全てがこのイノベーションに追いついてのではなく、大手生協は後手に周り、中小生協がその革新を牽引していたのも面白い。中小小売が大手とは異なる方法によって生き残れる可能性も示唆している。
 
今後の地域内商業にあり方を考える上で多くのヒントに富んだ、生活協同組合の個配事業開発とその普及についてぜひとも考えていただきたく、このレポートを公開する。

みんな合わせて読んでいます
go_to_top