ロゴ

AIR Mook 14 『都市経営を変える、UrbanTech』

特集「都市経営を変える、UrbanTech」

頁 数 45 ページ
形 式 ダウンロード商品
発 行 2015年10月
著 者 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス

定 価 1000 円
(「エリア・イノベーション・レビュー」購読者は500円。ログインしてご購入ください。)
【ご登録の際の注意事項】
  • ご購読には世界最大のオンライン決済サービス「Paypal(ペイパル)」でのご決済となります。Paypal(ペイパル)は190の国、25の通貨、900万店のオンラインショップ、2億以上の人たちのアカウントで利用されているセキュリティの確保された安心できるサービスです。

都市経営を変える、UrbanTech

   
今、ネット技術は次なるステージに入ろうとしています。パソコン、スマホがインターネットと繋がるだけではなくあらゆるものがインターネットと繋がるIoT時代の幕開けです。こうした最新テクノロジーによって都市に起きる変化を先読みしてみようということで本特集を組みました。
 
『都市経営を変える、UrbanTec』と題しこれからの10年〜20年くらいまでを視野に入れて、街に影響を与えるであろう新技術、新製品、イノベーション等について、考えてみたいと思っております。
 
特に人口縮小を迎えている日本にとってはもはや人海戦術での方法は全て通用しません。より効率的で、できるだけ無人化してできることは無人化して進めていかなくてはなりません。
 
その際の力になるのが、まさしくUrbanTecです。技術の活用によって、行政業務の多くを簡略化して少ない税収でも行政サービスを維持したり、福祉医療などの現場においても人手に頼らないサービスのあり方が切迫する医療保険料の低下につながっていきます。
 
その他、あらゆる産業でも1人で10人分の働きができる社会が実現できれば、日本の経済成長の新しいステージを作り出せるともいえます。そして、このような変化を前提にして都市経営はしなくてはなりません。新たな都市開発をする際には、これらUrbanTecを積極的に取り入れたものにしていくことが前提となっていくでしょう。
 
技術革新が物凄いスピードで起きている今、新たな都市のあり方を読み解く羅針盤の一つとしてこの特集をお読みになってみてください。
  
 

目 次

 
はじめに
 
1.今から10年前や20年前のテクノロジーを振り返る
 
2.これから注目のUrban Technologies
  2−1.ロボット
  2−2.ドローン
  2−3.自動(自律)運転車
  2−4.ウェアラブル端末
  2−5.AI(人工知能)
  2−6.オムニチャネル
  2−7.電子マネー
  2−8.スマート・シティ
  2−9.シェアリング・エコノミー
 
3.まとめ
 
 
 
* 本特集は、メールマガジン「エリア・イノベーション・レビュー」の2015年8月配信特集記事をもとに加筆修正しております。

特集「都市経営を変える、UrbanTech」

頁 数 45 ページ
形 式 ダウンロード商品
発 行 2015年10月
著 者 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス

定 価 1000 円
(「エリア・イノベーション・レビュー」購読者は500円。ログインしてご購入ください。)
【ご登録の際の注意事項】
  • ご購読には世界最大のオンライン決済サービス「Paypal(ペイパル)」でのご決済となります。Paypal(ペイパル)は190の国、25の通貨、900万店のオンラインショップ、2億以上の人たちのアカウントで利用されているセキュリティの確保された安心できるサービスです。

みんな合わせて読んでいます
go_to_top